• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ

_
蟹のマルタツ紹介
蟹のマルタツは海洋深層水利用!
蟹・貝のさばきかた・カニの食べ方・レシピ
訳ありの蟹って?-ふぞろいのカニさん、アウトレットの蟹-
マルタツ卸お見積もり依頼フォーム
蟹マルタツサイトマップ
_
ヤフーオークション出品中
「蟹のマルタツ」マイ・オークションをごらんください

蟹のマルタツメルマガ
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
ホーム > 蟹のマルタツの水槽は海洋深層水利用!
蟹のマルタツの水槽は海洋深層水利用!
海洋深層水を利用して蟹カニや海鮮が、ぐーんと美味しくなっちゃう♪神秘の海層水。

海洋深層水-日本海固有水と呼ばれる低温清浄な神秘の海層水 熊石海洋深層水貯水場で
函館市からおよそ110キロ、車で約2時間。熊石は海洋深層水と鮑(あわび)の街です。
そこに熊石海洋深層水供給施設があります。

海洋深層水とは、海の植物の生長に必要な太陽の光が届かない深さ、水深200m以深の海水を呼んでいます。
日本海固有水とは、ウラジオストック沖合付近で形成される「水塊」です。

大陸からの季節風で冷やされた海水が沈降して、日本海特有の深層水を形成しています。

固有水とは日本海には隣の海とつながる海峡として、対馬海峡、関門海峡、津軽海峡、宗谷海峡、間宮海峡の5海峡がありますが、いずれも水深が浅く海水の流出入口となる幅が狭いため、日本海の深層水は他の海と交換されることがなく、内部でのみ循環されています。
これが「日本海固有水」と言われるのです。

熊石海洋深層水は「日本海固有水」を指しています。(熊石海洋深層水総合交流施設資料より)

今日もマルタツの水槽車は海洋深層水の原水を分けてもらうために走っているのです。
海洋深層水は3つの大きな特性と2つの特徴があります
かにのマルタツでは 熊石海洋深層水を活蟹、帆立など貝の水槽の水やいろんな処理に使っています。
海洋深層水は水産分野だけでなくさまざまな食品分野、健康・美容・医療分野、農業分野、エネルギー分野などで利用研究がなされています。北海道庁科学技術振興課海洋深層水ページ

深層水での水洗いや製氷を利用しての魚介類や漁港、漁船施設の衛生管理にも効果があるようです。

かにのマルタツも、この神秘の海洋水をいち早く導入して、活カニや活帆立、活アワビなどの水槽や加工に用いる水に利用しています。

この海洋深層水で処理した海産物はストレスの多い輸送にも強いようで、通販でお届けしたお客様にも「魚介特有の臭みが出ない」「味がよい」などと大変に評判がよく嬉しく思っております。
活蟹水槽に海洋深層水利用蟹水槽ボイルたらば蟹